マリンスポーツの魅力


マリンスポーツとは?

マリンスポーツとは海で行うスポーツのことで、ウォータースポーツと呼ばれることもありますが、プールや湖沼で行うものと区別されることがあります。海に囲まれた島国である日本では、幼い頃から海水浴や海釣りに親しんできた人も多いでしょう。現代ではマリンスポーツを楽しめる場所が、日本各地に存在しています。

マリンスポーツの種類は色々ありますが、その代表ともいえるサーフィンが日本で根付いたのは1960年頃、駐留アメリカ人が千葉や神奈川の海でサーフィンをはじめ、それを見ていた少年たちが真似をしたのが起源と言われています。そして、1970年代後半からサーフィンブームが起こり、湘南エリアでは出勤前にサーフィンを楽しむ人々が大勢いました。当時はロングボードが主流でしたが、現在ではショートボードの方が増えています。

サーフィンと同じく人気があるスクーバダイビングは、食料を取るための素潜りから始まったと言われており、日本では江戸時代にヘルメット式の潜水機が使われていた記録が残っています。その後、第二次世界大戦後にダイビングはレジャーとして親しまれるようになり、1970年にはレジャースポーツへと変わりました。

現代ではサーフィンやスクーバダイビングの他にも、レジャーからスポーツへと変わったものが多くあり、また遊びを目的としたマリンスポーツが海外から入ってきたため非常に多くの種類を楽しめるようになりました。それに伴い、安全面も強化されており、体験教室やツアーなども増えています。


☆彡 当サイトに関するオススメリンク ☆彡
マリンスポーツを楽しむためには自分にフィットした水着が必要です。最新トレンドをチェックしたい場合は、大人向けの水着で人気があるこちらのサイトで探してみてください ≫ 大人の水着